本日 17 人 - 昨日 275 人 - 累計 236520 人 サイトマップ

赤ちゃんと一緒防寒マント(ポンチョ)

  1. HOME >
  2. 乳幼児レシピ >
  3. 赤ちゃんと一緒防寒マント(ポンチョ)
 赤ちゃんと一緒に防寒マント(ポンチョ)
縫い代の始末が必要ないフリースや圧縮ウールで作るといいですよ。

用尺 150cm幅を2M弱
   接着テープ 襟の接着芯

 公民館でおこなったベビーソーイング講座で作った防寒マントの型紙を何とか掲載しようとしています。

講座で作るため、出来るだけ簡単にしてみたらマントではなくてポンチョになってしまってます。

掲載にあたり、ビミョーなミリ単位は四捨五入して
簡素にしました。
襟ラインもちょっと変えてあります。

取りあえず紙に書いて写真に撮って掲載します。

下の画像はタップすると大きくなります。

画像

画像
襟は2枚裁ちます。
1枚だけ接着芯を貼っておいてください。

フリーハンドで元型を作っています。
作図し易く数値を入れています。
脇の長さが少し違ってくるかもしれません。
型紙を前後あわせて同じ長さに調整してください。

画像

縫い代・裁ち代
(始末をしなくてもよい生地、フリース、圧縮ウールなど)

・脇は2から2.5cm

後でステッチで押さえ手が出せるスリットんつくる為にある程度の巾が必要。

・襟周り 1cm

・裾 2cm

・襟 1cm

作り方

先ず後ろ中心にボックスプリーツを作ります。
画像
わから7cmのところを12cm縫います。

画像
3.5cmで折ってボックスの形を作ります。

画像
表から片側1cmのステッチで押さえます。

脇を縫います。
前後を中表にして合わせ、スリット部分は縫い残して縫い合わせます。
画像
縫った後で接着テープを貼ります。

脇を縫ったら縫い代を割り、
表からステッチをかけて押さえます。
画像
ステッチは大きな目で縫いましょうね。

画像
襟を2枚とも(片方には接着芯が貼ってあるはずです。)
輪に縫い合わせます。
次は2枚をあわせ縫いします。

襟を身頃に縫い合わせます。
この時赤ちゃんに触る内側を柔らかく作りたいので接着芯を貼った方が表にでるようにしています。
画像
後ろ中心に襟の縫い目がきます。


画像
襟を立てて、ステッチで形を整えます。

画像
内側の襟縫い代は曲げ込み、表からステッチで押さえてしまいます。

裾はそのままでもいいし(許せない方は)1.5cmから3cm折り上げてステッチ縫いで押さえてください。


これで出来上がりですが、裏をつけてもいいですね。
また、縫い代始末が必要な生地で作る場合は、始末の方法(ロック、かがり、端ミシンなど)によって縫い代巾を変えてください。